リコールについて

  • 2019.11.28 Thursday
  • 17:29
 今年度新作であるチェーンソー防護ズボンの通称「アーボリスト」と「グランドワーカー」について、10月30日の時点にて縫製前の段階でEN381-5の試験を行っていないことが判明致しました。

 つきましては販売した製品に関して偽表示としてしまうことから回収させて頂く事にとなりました。

 購入されたお客様にはお手紙等でお知らせをしているところでありますが、この場を借りて更にお詫び申し上げます。

 ご質問などありましたら、八戸市森林組合までご連絡ください。0178-21-8157 担当工藤・石田


 販売停止することになってしまった事につきまして、誠に申し訳なく思っております。新商品を期待して頂いた皆様へ多大なるご迷惑とご心配を掛けした事を反省し、二度とこのような事が発生しないように確認して参りたいと思いますので、今後も引き続きご愛好頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

 
  • 0
    • -
    • -
    • -

    アレルギーなどなど

    • 2019.09.12 Thursday
    • 09:49
     林業関係者の中にも杉花粉のアレルギーを持っている方も多くおられるようです。

     私、工藤も植物全般にアレルギーを持っていて、特に馬を飼い始めてから牧草関連の花粉アレルギーがつらいです。蕎打職人がそばアレルギーになって廃業したなんてニュースを聞いたことがありますが、そこまで厳しい訳ではないのでシーズンには薬を飲めば大丈夫です。

     アレルギーといえば蜂のアレルギーも大変です。技能作業員は夏の草刈り時に蜂に刺されてしまいます。亡くなる事例もありますので、刺された場合のフロー図やエピペンの準備はマストです。空調服も蜂に刺されないように効果があるとの事です。

     6月に足首を捻挫してしまったのですが、病院に行ってもなかなか治りませんでした。調子よくなると山へ行ってまた悪化してを何度も繰り返してしまいます。3か月以上経ってようやく山に行けるようになりました。業界にいて25年近くいますが、足首の捻挫がこれほどまでに支障が出るとは思いませんでした。
     捻挫したらシップとテーピングで固定するのが一番です。特にテーピングは大事!

     健康で働けることがどれだけ大事かを感じるこの頃です。

     

    酷暑向けのチェーンソー防護ズボン

    • 2019.08.01 Thursday
    • 12:45
     すごい暑いですね!!!夏は涼しい八戸でも35°近い暑さでまいっております。日本中暑い事かと思います。

    チェーンソー防護ズボンをオーストリアから輸入して販売した8年前にあちこちから言われたことは、チェーンソーで足を切るよりも、チェーンソー保護ズボンを履いて熱中症で倒れるリスクが高いのではないか?確かにヨーロッパのチェーンソー防護ズボンは強度優先で重く丈夫でした。

     では作ろうということで始まり、日本人の体形、気候、動きやすさを追求した初期のライジンパンツを発売しました。その後アスリーターそして、究極のファン付きチェーンソー保護ズボンの開発。

    そしてそのズボンを履いた方のコメントが八戸重工商事のショップに出ておりましたので紹介します。



    夢の防護服

    元々、暑さと蜂対策で、空調服の上下とチェンソーの防護ズボンは10年以上使用しています。ただ実際は、怪我よりも熱中症のほうが嫌で防護服のズボンタイプもチャップスタイプも、暑くて夏場は使うことができませんでした。いくら法律や仕事上の規則で着用を義務付けされても、ほぼ誰一人守っていないですし、守れない決め事を勝手に作るな!とさえ思っています。ところが最近アスリーターファンの存在を知り、まさか!と思い、迷わず購入しました。結構な値段なようですが、空調服と防護服の合計購入金額より安いと思います。そして一着で済む手軽さがとても嬉しいです。デザインも良いし、ファンの大きさや位置も相当考え抜かれて位置決めしたことが履いてすぐに分かりました。邪魔にならずに換気ができ、切粉を吸わない絶妙な位置です。さっそく今日一日履いて作業してきましたが、これは正に夢の防護ズボンです。現存する防護服の中では間違いなく世界一でしょうね。これで規則を守れるという事よりも、自分の身の安全を確保できることと、暑さを和らげて暑さにダウンせず稼げるという喜びがとても大きいです。長期間使ったわけではありませんが、縫製やボタンも物がしっかりしていて、現場の声を反映させて相当な熱意で作り込んだ印象です。


     是非熱中症対策に購入して体感してみてください。

    作業ご依頼予定のお客様へ

    • 2019.07.16 Tuesday
    • 19:23
    新井田で御座います。

     現在、下刈作業や、住宅地の伐採、公共関係の草刈や伐採などの作業をご依頼頂き実施させて頂いております。
     天候不良で予定通りに進まなかったり、工期が決まっている作業が多くなっており、これから当組合へ作業ご依頼予定のお客様につきましては、状況にもよりますが、早くても9月上旬頃からの作業となる可能性が高くなっておりますので、大変恐縮では御座いますが、作業時期につきまして余裕をもってご依頼頂けますと大変助かりますので、宜しくお願い申し上げます。
     ご迷惑をお掛けする場合があるかと思いますが、ご検討頂き、ご用命下さいます様、宜しくお願い申し上げます。

    松くい虫の最近の話

    • 2019.07.02 Tuesday
    • 09:25
     昨年、南部町で松くい虫が発生し、枯れ木にマツノマダラカミキリの幼虫がいたことから、ギリギリで発生を止めることが出来ました。今年はそれをもって南部町を中心に枯れ木を伐採、燻蒸処理を致しました。当組合は発生場所の組合ではないために、特にすることはありませんでした。

     八戸の管轄エリアの50%がアカマツなので、一度入ると手が回らなくなります。積算温度では八戸は寒いので入らないはずですが、最近の温暖な気候では蔓延する恐れもありますので、要注意です。ちなみに太平洋側はヤマセで夏でも寒いです。

     アカマツ最後の楽園の地?をどうにか維持していきたいものです。


     ついでにアカマツネタとして、アカマツは人為的にかく乱が起きた場所に一番最初に生えてくるパイオニアの木です。焼き畑を行った場所や山火事が発生した場所です。戦前・戦中に畑にしていたことでしょう。美穂野側では牧草地(南部藩管轄)もありました。ただし八戸の松は人為的に植えられたものもあり、あまりまっすぐきれいではありません。年代の古いものはいい物が多いのですが、若い松は100年経ってもダメそうなものが多いです。ちなみに山主にこの木は駄目ですね。と伝えると、それは森林組合から買った苗だと言われてしまったこともあります。良い木は苗からですね。時間もかかりますので。

     

    categories

    recent comment

    • 新しいチェーンソー防護ズボンの開発
      工藤 (05/13)
    • 新しいチェーンソー防護ズボンの開発
      いず (03/15)

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM