広葉樹植林の特徴とコツ(土壌、気候、水、光)

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 13:27
広葉樹林業の特徴として

・杉やヒノキ以外の樹種の提供
・広葉樹の落葉が分解するときに鉄と結びつき、結果的に海草が増えやすくなる。
・スギの花粉症で悩む人が選択する・
・生態系の多様性に役立つ。
・伐採し、ぼうが更新すると植林の手間がいらなくなる。
・用材、薪、ホダ木等の需要がある。
・伐採後の枝葉に食用のきのこが生える。
・混交すれば需要の変化に応じて、樹種を残す事が出来る。

 事でしょうか?

短所なのは
 
・草刈りの時に間違って一緒に切る事がある。
・ツル性の植物に弱い。
・まっすぐ育ちにくい。
・面積当たりの材積が低い。
・土壌等を選ぶ。
・ヨーロッパと違って広葉樹の値段が低い。

 かな?

 はっきり言えば、林業に携わる人の知識の低下は杉やヒノキを植林すると失敗する可能性が低い事でしょうか?何でこんなに面倒な事をしているのか後悔をすることもありますが、土地を見る力が養われます。

 ただ、杉の山に仕事をしに行くよりも楽しい事は間違いありません。楽しみは動物や植物が色々みられること。食べられる物があるとラッキー。比較的林分が明るいので、気持ちが楽になります。様々な花も見られる事も。


 八戸市森林組合で植林する木は、ハンノキ、コナラ、ミズナラ、サクラ(オオヤマやカスミ)、イタヤカエデ、イヌエンジュ、ケヤキ、クリ、ブナ、ウルシ、カツラ、アオダモ、トチのキ。

 植栽本数1ヘクタール当たり3000本が主流、時々巣植え。
 補助金を使って植えるのですが、本当はもっと植えればまっすぐに育ちます。予算が無いためにこの当たりで妥協することが多かったです。

 苗木の大きさは1メートルから1.2メートルの裸苗。大きい苗の方が基本的に強く、成長が良いです。80センチだとかなり成長が悪くなります。ブナが0.6センチで苗木屋から来た時は泣きました。草刈りすると苗木が切られてしまいます。苗木が切られると大きく育っても20センチぐらいにしかなりません。こうなると次の苗木の位置の把握も含め訳が分からなくなります。この時は草刈りをしない方針にしました。結果、時間がかかりましたが徐々に成長して大きくなりました。耐陰性もある事から草を刈らない選択も有りだと分かりました。

 基本的に八戸市周辺はクロボク土壌なため、オールマイティーに生えますが。土壌の発達状態で先駆樹種の選択や水条件で種類を調整します。特にカツラは水分があるかないかは成長に大きな差が出ます。光は多い方が良いようです。複層林の様なときにも上層林はかなりあけないと貧弱な状態にしかならない事が多いです。

 杉の中に生えるクリは天然では良い感じになります。

 上手に競い合ってくれればいいですね。


 山林所有者に広葉樹を残してくれと言われたから残したハンノキ。山主に言われたからといって、素直に残すのはどうかと思います。ハンノキは先駆樹種で肥料木です。土地を肥やす為や日陰を作る場合には有効ですが、杉のこの年代で残す意味がありません。早めに切らないと杉がハンノキに負けててしまいます。しかもある年数になると弱り始め、カミキリムシの突入やキノコが生え始めて倒れます。このタイミングで残す意味がありません。山主の意見も大事ですが、きちんと説明も出来ないと山林所有者の為にもなりません。


 ハンノキは成長早いだけと馬鹿にする人がいますが、切ったばかりでパルプ工場に運ぶと良い値段になります。以外に幹が真っ直ぐなために作業が楽ですし、トラックに積む場合もきれいに積めます。しかも水分があると結構な重量です。乾くとスカスカですが。回転率を上げる林業では有効です。昨年は挿し木を試しましたが、失敗しました。今年は自分で実験しようと思います。

 














コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM