狩猟の練習

  • 2018.10.01 Monday
  • 15:29
 台風が来ておりましたので、現場での仕事も無くなりました。丁度、最近アップしなかったブログに力を入れてみます。

私は昔、静岡市の井川森林組合で勤めておりましたので、シカの被害の怖さは良く知っております。その為、青森でも鹿の被害が増え始めたら対策をしなければならないと思ってました。植林木は針金状になるまで食べられてしまいます。

2日前に行った山にも鹿の足跡がありましたので本格的に対策しないとニホンジカだらけになりそうです。今のところ林業的には被害がありませんが、近くの町でリンゴの苗木の被害が出ております。また、市内でも枝豆の被害が出ております(被害状況は見たことはありませんが)。また、猪の発見事例も出てますので、人口の減少と共に動物による農林業被害が広まりそうです。この10年で凄い勢いで増えている感じです。

 そんな感じなので今年の春に狩猟免許を取り、一発目はニホンジカを猟友会にくっついて巻狩りの手伝いをいたしました。

 秋になり始めたら狩猟の季節が来ますので、散弾銃でクレー射撃の練習をしておりますが、慣れていないのでなかなか当たりません。昨日はベテランさんにコツを教えていただいたので、次回はもう少し当たるかと思います。クレー射撃の当て方のコツは実猟で意味があるかは分かりませんが・・・。銃に慣れる意味はあるかと思います。
  
 2つ目のハーフライフルはニホンジカ専門です。こちらの発砲後の衝撃はすさまじく、撃っている本人もダメージありますが、近くにいる人にも音で圧が掛かる感じです。10発も撃つと肩がその衝撃にビビって逃げたくなります。その為肩パットが絶対に必要です。50mと100mでスコープの十字からどのように下がったり曲がったりするのか、どの分合っているかを調べる為に行きます。ついでに散弾銃に1発弾で撃った場合にどのようになるのかを試し打ちしなくてはなりません。


  
コメント
コメントする








    

selected entries

categories

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM