八戸も鹿や熊の生活圏内に

  • 2018.11.16 Friday
  • 17:35
 ついに色々な動物が八戸にも住み始めました。

 最近は種差海岸周辺含めて2か所の現場がツキノワグマの住家になっております。糞や匂いや足跡だけでなく、植林した広葉樹の幹を削っております。なぜそのような行動をしているかは分かりません。春でもないし杉等でもないし???

 青森県内は今鹿が増殖中です。白神山地にも出始めましたし、八甲田の高田大岳山頂にもなぜか出没しました。南郷地区ではもはやものすごい量のねぐらの跡。八戸も牧草地にも出始めております。

 最近では青森県内にも猪の目撃情報があり、お隣の洋野町ではとてつも無くでかい猪が罠にかかっております。

 猪も鹿も明治初期には絶滅しておりましたので、100年ぶりの繁殖でしょうか?もはや温暖化で雪が多く積もらなくなってきたのと猟師の減少が原因と考えられます。


 八戸市森林組合として、銃の資格3人と罠の資格1人おります。しか用のくくり罠と箱罠、熊用の箱罠を所有して少しでも獣害を防ぐ事を取り組んでおりますが、実績はまだ0です。まだまだ素人なので、ベテランの意見を聞きながら頑張りたいと思います。




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM